スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antonov Design Bureau An-124-100 "Ruslan"

Category: Eastern Models   Tagged: AntonovAirlines  An-124  Cargo  
ハイっ!このモデルも初登場ですねっ!!
って言うより1/200ではココしかリリースしていませんね


アントノフエアラインズのAn-124 "Ruslan" で~す!

DSC_ADBAN124ARF_2116-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2117-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2118-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2119-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2120-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2121-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2122-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2128-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2129-1.jpg

DSC_ADBAN124ARF_2124-1.jpg


ハイ、それでは比べてみましょ~~!
DSC_ADBAN124ARF_2133.jpg
まず、ノーズ付近だと…

DSC_ADBAN124ARF_2134.jpg
で、全体的にはこんな具合。

DSC_ADBAN124ARF_2136.jpg
サイズ的には744とほぼ同じ大きさになるのかなぁ?

DSC_ADBAN124ARF_2137.jpg
最後は隣どうしで並べてみた。

で、ナゼいっつも比較がEKの744Fかって?
それはただ単に取りやすいところにこのコがいるからさっ!!(笑)
なんせ、山積み倉庫なんで…(笑)

ハイ、このコはLHRの近くにある"Collectors Aircraft Models:通称CAM"というShopで入手出来たモデルです!
発見当初は店員さんもこれは既に売約済みですと言っていたのですが、そこを何とか無理を言って譲って頂けることになったのです!
お店には2つのAn-124があり、もう片方はヴォルガドニエプル航空カラーのヤツでしたね。

店員さんのハナシだと、このモデルはウクライナ製で、レジン製であるというのですが…??
まぁ、確かに素材的にはレジンでほぼ間違いないとは思うのですが…
それはただ単に、このモデルがURレジだからそう言っているだけのよ~な気がするんですが…
で、私が以前にこのブログでもご紹介したAn-225ムリーヤも展示してあったんですよね~~
コレは間違いなく、私が保有しているヤツと同タイプのモデルでしたね。
造形的に非常にこのムリーヤと酷似しているのであえてここではフィリピンの"Aircraft Replicas Factory"製にしております。

まぁ、このモデルのメーカーに関してはこれから要確認ですね。

で、大いなるギモン。
これって当然1/200スケールモデルですよね?(笑)


An-124「ルスラーン」は旧ソ連のアントノフ設計局(現在はウクライナのO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(ANTKアントーノウ)が開発した大型輸送機である。
量産された機体としては、世界最大の輸送機である。
ウクライナやロシアでは、ルスラーンの愛称で親しまれている。
一方、北大西洋条約機構 (NATO) のつけたNATOコードネームは「コンドル」(Condor) であった。
また、An-124の発展型にAn-225「ムリーヤ」がある。

主翼は高翼配置であり、軍用輸送機としては珍しく、T字ではなく通常配置の尾翼である。
エンジンは、ターボファンエンジンを主翼パイロンに4基搭載している。
初飛行は1982年で、西側諸国へは、1985年のパリ航空ショーで披露された。

ソ連は高バイパス比大出力ターボファンエンジンの開発が西側より遅れていた。
1970年代後半に、エンジンの開発に成功したことにより、この種のエンジンを搭載した大型輸送機の開発が行われるようになった。
An-124はAn-22の後継機として開発され、前任機より大きな輸送力とより優れた飛行性能を持っていた。

2000年以降、ウクライナのキエフにあるアヴィアーント・キエフ国立航空機工場では既存のAn-124をAn-124-100に近代化改修する作業が行われている。
また、ロシアでは需要の増加を理由に今後An-124の発展型の新規生産を決定している。

愛称の「ルスラーン」は、アレクサンドル・プーシキンの書いた詩『ルスラーンとリュドミーラ』や、それをもとにウクライナと関係の深いミハイル・グリンカが作曲をした同名の歌劇の主人公の名前が愛称の由来であるとも言われるらしいが、これらの作品の元になった昔話の主人公である騎士の名に由来を求める方が普通である。
キエフ大公国時代を舞台とするこの説話では、悪魔にさらわれた大公の娘リュドミーラを助け出し、騎士ルスラーンは姫との結婚を勝ち取る。

なお、「ルスラーン」はウクライナ人やロシア人などの一般的な男性の名前で、トルコ語系の名前と言われており、ロシア語風に直すと「レフ」(Левリェーフ)となる。
現代でも多く見られる名前であり「獅子」を意味する。
一方、「リュドミーラ」(ウクライナ語では「リュドムィーラ」)は女性の名前で、スラヴ系の名前であり、「人々に愛される」など多くの良い意味が含まれ、こちらも現代では多く見られる名前である。


この"UR-82027"は、1990年12月20日にAntonov Design Bureauへ"CCCP-82027"としてデリバリされました。
1991年頃、Antonov Design Bureauは販売代理店であったAir Foyle HeavyLiftへこの機を貸し出し、それをCargoluxへリースしていたようです。
1993年にはウクライナレジに変更されました。
同年、12月30日に一度はStoredとなりましたが、1995年10月11日より運航を再開致しました。

Manufacturer:Eastern Models
AirLine:Antonov Airlines / Antonov Design Bureau
Aircraft:Antonov An-124-100 Ruslan
Registration:UR-82027
Remarks:"1999s Clolrs"
Engines:LO D-18T
Units:Limited

ランキング応援↓ポチッとσ(@゚ー゚@)ヨロシクネ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ



お気に入りヒコーキな方は↓をポチッとお願いしま~す!
スポンサーサイト
テーマ : 飛行機    ジャンル : 趣味・実用

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグクラウド

twitter
Information
6/3:え~、昨昨日ぐらいから使用していたテンプレートに不具合が生じていまして右カラムがうまく表示されませんでした。実はちょっと気にいっていたテンプレートだったのですが、どうやらバージョンUPも出来ない状態だったよ~で… で、ちょいと気分転換に新しいテンプレートに切り替えてみましたっ!!この新しいテンプレートも素晴らしいデザインで気にいっているのですが、白バージョンに変更しようかどうか思案中でございます…(笑) 1/25:ハイ、2011年度、最初のご案内デス…え~、今回も『Tag』を利用したサブカテゴリの設定をやってみました。今回は『機材別』のカテゴリ設定を行っていますがどうでしょうか?これを機に次は航空会社別のカテゴリ設定をやるべきかどうか…??(笑) 6/3のお知らせです。と言っても、約1年ぶりのお知らせって…(笑)ブログのイメージを変えてから『Tag』の表示が出来ませんでしたが、『Tag List』をカラム内に追加しました。これで少しは検索しやすくなったでしょうか?(笑) 6/23のお知らせです。本当に数多くの『拍手』を頂きまして有難うございます。自分の知識の少なさか、どうしても拍手ランキングが上手く表示出来ません。Officialを見ると、ランキングのエントリーにも少し問題があるような記述があり、現状はこのままで行こうと思っています。尚、拍手については引き続きポチッとご協力の程、重ねてお願いしま~す!皆さん、結構お気に入りヒコーキがあるんですねぇ~~(笑) これからも気長にお付き合い下さいませ。m(__)m 5/16のお知らせです。結構更新数が増えてきましたので今までの『タグ』を整理してみました。これで少しはご覧頂いている方にも検索しやすくなるかしら?? 4/1の更新です。FC拍手のランキングを始めました~~!いつもご覧頂いている皆さんに少しでも協力してみてくださるととても嬉しいデス!! 3/22に無事に1周年を迎えることが出来ました。いつもご覧頂いている方々へ感謝です!! 3/18の変更分です。ANAとCXのモデルにつきましては、企画・販売が自社専用ということですので、それぞれOfficial Modelでのカテゴリー別にさせて頂きました。
Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Tag List
 
Profile

dedemaru

Author:dedemaru
ヒコーキモデルと言えば、モデルのジャンルとして確立されてまだ10数年あまり…
その中でも1/400や1/500スケールモデルがメジャーですが、よく航空会社や旅行代理店等で見かけるカウンター(デスクトップ)モデルと言われる大型モデルもここ最近は急速にその幅を広げておりますが、他スケールに比べるとまだまだといった感じでしょうか。
このブログでは1/200スケールの旅客機《基本的にギア(車輪)付き》のモデルを中心にご紹介したいと思います。

集めているモデルが1/200スケールなもんで飾るに飾れず・・・
それならいっそ写真に収めてUPしてまえ!!
つ~~コトで・・・以外に大変です…
最近、密かに飛行場を作ろうかと計画中です…
そのためには部屋の拡張工事が必要かと…??
とりあえず、少しでも飾れる棚でも作ろうかしらん!

Thank you Boarding!
Person of Transit!
現在の閲覧者数:
dedemaru Airport
free counters
Aircraft Categories

Carrier Categories
地域別・航空会社別のカテゴリを作ってみました。1ヶ国1キャリアが基本ですが、まだまだ試験的なのでリンクが繋がっていない場合もございます。

FC2拍手ランキング
全記事表示リンク
Popular Article
クリエイティブ・コモンズ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログに掲載されている写真及び記事の著作権はブログ管理者が保有しています。 無断使用・無断掲載を禁じます。
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。