スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antonov Airlines An-225 "Mriya"

Category: Aircaft Replicas Factory   Tagged: AntonovAirlines  An-225  Cargo  
超巨人機現るっ!!

Alpha Delta Bravo Two One Zero Foxtrot…

と言えば、ハイっ、そうですねっ!!

「ADB210F」のコールサインは…

アントノフエアラインズのAn-225 "Mriya"でございますっ!!!

DSC_ADBAN225ARF_1285-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1286-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1287-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1288-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1289-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1380-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1291-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1293-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1294-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1292-1.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1299.jpg
この"Mriya"のキリル表記はポートサイドのみになりますね。

DSC_ADBAN225ARF_1308.jpg
ねっ!ノーズ裏の文字も手書き…

DSC_ADBAN225ARF_1301.jpg
とりあえず、手短にあったATR-42と比べてみよ~!

DSC_ADBAN225ARF_1303.jpg
で、上にも乗っけてみた…(笑)

DSC_ADBAN225ARF_1304.jpg

DSC_ADBAN225ARF_1305.jpg
やはり、B747-400と比べてみた…

DSC_ADBAN225ARF_1307.jpg
実機を見たコトが無いんでよく分かりませんが、744も意外に負けてないよ~な…

DSC_ADBAN225ARF_1311.jpg
また、来てね~~っ!ってか?(笑)

ハイ、今回のご紹介はAn-225でしたね。
1/200的にはこの機材ってどこのメーカーからもリリースされていなんですよね。
まぁ、巨大すぎるっていうこともあってのことかと…(笑)

実はちょっと前からeBayで見つけて以来、ず~~っと気になっていたんですよね。
で、ウダウダしても始まらないんで、メッセを送ってみることに。
長さがインチでしか書いていなかったから、コレって1/200なん?って聞いてみたらその通りとの回答が。
じゃあ、購入します!という具合になったんですが、よ~~く見たらコレって受注生産やん!?

で、待つこと3ヶ月…(いやそれ以上かも…)
忘れた頃によ~~やく来ましたっ!!

外梱包の段ボールがそのままそのサイズでこのコが入っていたのには驚き…

まぁ、製造元がフィリピンだから仕方がないか?(笑)
ハイ、この"Aircraft Replicas Factory"っていうメーカーはフィリピンにございます。
基本的に全て木製なんで、質感的にはBader Modelsに近い質感に仕上がっております。

よ~~く見ると文字等はどうやら手書きみたい…(笑)
ノーズギアもなんかタイヤに針金刺してますし…(爆)
このあたりがハンドメイドならではでしょうか?
で、ちょっと左右が左下がりになっていますが、それもこれもご愛敬ってコトで。

相対的に造形自体は雑な作りではなく、特徴をよく捉えているデキに仕上がっているのではないでしょうか?

他スケールだと1/500でherpaからリリースされており、1/200では"Alex Panchenko"っていうメーカー?から出ているようですが、これは10個しかないみたい…

An-225ムリーヤは、ソ連・ウクライナ共和国のアントノフ設計局(現ウクライナのANTKアントーノウ)が開発した6発の大型輸送機で、最大離陸重量が600tと、世界一重い航空機として有名(2010年現在)。

ウクライナ語で「夢」(睡眠中にみる方でなく、希望等を意味する方の「夢」)を意味するムリーヤ(Мрія)の愛称で親しまれている一方、NATOコードネームはコサック "Cossack" であった。
2機が製造されていたが1機しか完成しなかったため、2010年現在世界に1機しか存在しない。

1980年代後半のソ連では、宇宙往還機「ブラン」の開発が進められており、そのブランを輸送するための方法として計画されたのが始まりである。
ちなみに、同じくブラン輸送の為にVM-T アトラントも製造された。

開発期間を短くする為に、設計は An-124ルスラーンを基にしているが、それでも An-124 からの改造箇所は多岐に渡り、胴体の延長のほか、ブランの搭載箇所を機体背面に設け、出力向上のためエンジン数を4基から6基に増やしている(An-124の翼の根元にエンジンを付けた翼を入れたような形になっている)。
さらに、搭載したブランによって生ずる後流の影響を小さくするために尾翼をH字型の双尾翼としている。

搬入口は機体前後にあるAn-124とは異なり、機体重量軽減の為、機体前方にしかない。
なお、An-124は前部搬入口に傾斜台が設けられているが、当機では前脚を傾斜し前傾姿勢になることで積載作業を簡易にしている。

しかしながら、An-225が実際にブランを搭載して本来の任務を果たしたのは一回限りで、ブランが宇宙に行ったのも一度限りであり、その後はソ連崩壊に伴う混乱のために運用予算が打ち切られた。

存在意義を失った An-225は長い間ウクライナの工場の一角に放置され、An-124とAn-70の補修用部品取りとして次々と主要なパーツを失うなど、事実上のスクラップ扱いとなっていた。
しかし1999年になって、アントノフ航空などAn-124を使用した超大型貨物の運送ビジネスを行い大成功を収めた実績から、An-225を商用として現役復帰させることを発表した。
1年近い改修の末、デジタル化と機体の補修・強化を行い、An-225は再就役した。
以来、大型/大重量貨物運送用として就役しており、主に欧州を中心とした大西洋方面で運用されている。
アントノフ設計局では、組み立て途中のままの2号機を完成させるか、改造を行った新型輸送機を製造するかを検討中である。

2009年7月末には、3度目の塗装変更が行われ、機体は白地にウクライナの国旗を想起させる黄色と空色の緩やかなラインが入るデザインとなった。
ただし、厳密にはこれはウクライナのナショナルカラーではない。
機体は白地に上が黄色、下が空色のラインであるが、現在のウクライナの国旗は上が青(空色ではないと特に言及されている青色)、下が黄色であるためである。

2010年2月9日、ハイチ大地震復興支援で使用する重機類100t以上を輸送する目的で防衛省がチャーターし、成田空港にAn-225が日本に姿を見せたのはこれが初飛来である。


この"UR-82060"は、1988年12月21日に"CCCP-82060"としてADBへデリバリされました。
ソ連崩壊により、1993年9月にUR-82060のレジに変更になったのですが、1996年5月に"UR-480182"へ変更されました。
1998年5月に現在のレジに戻っております。

で、やはり最後までギモンが…
ホンマにこのコって1/200なんだろうか??(笑)(←お国柄のせい?)

Manufacturer:Aircraft Replicas Factory
AirLine:Antonov Airlines / Antonov Design Bureau
Aircraft:Antonov An-225 Mriya
Registration:UR-82060
Remarks:"2009s Clolrs"
Engines:LO D-18T
Units:Limited

ランキング応援↓ポチッとσ(@゚ー゚@)ヨロシクネ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ



お気に入りヒコーキな方は↓をポチッとお願いしま~す!
スポンサーサイト
テーマ : 飛行機    ジャンル : 趣味・実用

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグクラウド

twitter
Information
6/3:え~、昨昨日ぐらいから使用していたテンプレートに不具合が生じていまして右カラムがうまく表示されませんでした。実はちょっと気にいっていたテンプレートだったのですが、どうやらバージョンUPも出来ない状態だったよ~で… で、ちょいと気分転換に新しいテンプレートに切り替えてみましたっ!!この新しいテンプレートも素晴らしいデザインで気にいっているのですが、白バージョンに変更しようかどうか思案中でございます…(笑) 1/25:ハイ、2011年度、最初のご案内デス…え~、今回も『Tag』を利用したサブカテゴリの設定をやってみました。今回は『機材別』のカテゴリ設定を行っていますがどうでしょうか?これを機に次は航空会社別のカテゴリ設定をやるべきかどうか…??(笑) 6/3のお知らせです。と言っても、約1年ぶりのお知らせって…(笑)ブログのイメージを変えてから『Tag』の表示が出来ませんでしたが、『Tag List』をカラム内に追加しました。これで少しは検索しやすくなったでしょうか?(笑) 6/23のお知らせです。本当に数多くの『拍手』を頂きまして有難うございます。自分の知識の少なさか、どうしても拍手ランキングが上手く表示出来ません。Officialを見ると、ランキングのエントリーにも少し問題があるような記述があり、現状はこのままで行こうと思っています。尚、拍手については引き続きポチッとご協力の程、重ねてお願いしま~す!皆さん、結構お気に入りヒコーキがあるんですねぇ~~(笑) これからも気長にお付き合い下さいませ。m(__)m 5/16のお知らせです。結構更新数が増えてきましたので今までの『タグ』を整理してみました。これで少しはご覧頂いている方にも検索しやすくなるかしら?? 4/1の更新です。FC拍手のランキングを始めました~~!いつもご覧頂いている皆さんに少しでも協力してみてくださるととても嬉しいデス!! 3/22に無事に1周年を迎えることが出来ました。いつもご覧頂いている方々へ感謝です!! 3/18の変更分です。ANAとCXのモデルにつきましては、企画・販売が自社専用ということですので、それぞれOfficial Modelでのカテゴリー別にさせて頂きました。
Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Tag List
 
Profile

dedemaru

Author:dedemaru
ヒコーキモデルと言えば、モデルのジャンルとして確立されてまだ10数年あまり…
その中でも1/400や1/500スケールモデルがメジャーですが、よく航空会社や旅行代理店等で見かけるカウンター(デスクトップ)モデルと言われる大型モデルもここ最近は急速にその幅を広げておりますが、他スケールに比べるとまだまだといった感じでしょうか。
このブログでは1/200スケールの旅客機《基本的にギア(車輪)付き》のモデルを中心にご紹介したいと思います。

集めているモデルが1/200スケールなもんで飾るに飾れず・・・
それならいっそ写真に収めてUPしてまえ!!
つ~~コトで・・・以外に大変です…
最近、密かに飛行場を作ろうかと計画中です…
そのためには部屋の拡張工事が必要かと…??
とりあえず、少しでも飾れる棚でも作ろうかしらん!

Thank you Boarding!
Person of Transit!
現在の閲覧者数:
dedemaru Airport
free counters
Aircraft Categories

Carrier Categories
地域別・航空会社別のカテゴリを作ってみました。1ヶ国1キャリアが基本ですが、まだまだ試験的なのでリンクが繋がっていない場合もございます。

FC2拍手ランキング
全記事表示リンク
Popular Article
クリエイティブ・コモンズ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログに掲載されている写真及び記事の著作権はブログ管理者が保有しています。 無断使用・無断掲載を禁じます。
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。